MEMBER 社員について

やりがい、誇り、努力を胸に、日々想いを込めてはたらく社員の声を紹介します。
土木舗装部 濵平 幸次
毎日、いろんなことが起こる工事現場、たくさんの経験が自分を成長させてくれます。
Q1.
この仕事を選んだきっかけは?

高校時代、土木学科で3年間、土木工学の楽しさを学びました。
この業界を志願することになった大きなきっかけは、実習で丸1日、下水道工事を体験したことです。そこで働く人たちの真剣な姿や少しずつモノができあがっていく様子に感銘を受け、自分もこういう仕事に就きたいと思いました。

当社は北陸3県を営業エリアとする地元密着型の企業です。自分は長男のため実家のそばで暮らしたいと思っていたので、転勤がないことに魅力を感じました。
また県内ではトップクラスの仕事をしており、お客様を大切にする姿勢と確かな実績で信頼を集めていることにも共感。この会社で地元に貢献できる仕事をしたいと思い、入社を決めました。

Q2.
現在の仕事内容とその魅力を教えてください。

担当の工事現場の現場代理人として、工事の予算、工程、人や資材などを取り仕切っています。最近では富山大橋やJR富山駅、富岩運河環水公園プロムナードの整備など…。環水公園のプロムナードの整備は昨年秋から春にかけての工事でしたが、十数年ぶりの大雪に見舞われ、工程管理に苦心しました。毎日が除雪との戦いで厳しい作業でしたが、自分たちが手掛けたものが形となって残り、完成後、多くの利用者に親しまれている光景を見ると大きなやりがいを感じ、また頑張ろうという気持ちになります。

大勢のスタッフを統括する立場として、一番気を遣っているのは、現場で働く人たちの安全管理です。危険な現場ではちょっとした油断が大事故につながりかねないので、特に新人への安全教育と訓練には時間をかけています。

Q3.
学生へのメッセージ

就職して20 数年。
入社したばかりの頃は解らないことだらけで先輩や現場の職人さんに迷惑をかけることもありましたが、教えられ、励まされながらここまでくることができました。
こうして毎日やりがいをもって働けるのは、一緒に働く仲間や上司に恵まれてきたから。職場の明るい雰囲気や働きやすさに支えられてきた面も大きいと思います。

これから就職活動をするみなさんは、実際の職場を見学して仕事内容や職場の雰囲気などを細かく観察してほしいと思います。
遠慮せずにどんどん質問し、自分がそこで働けるかどうか、自分がそこで働く姿をイメージできるかを見極めてほしいと思います。

休日の過ごし方 :
妻とショッピング

現在は富山市在住。実家が氷見なので休日は妻と一緒に海岸線をドライブして氷見に行ったり、途中にできた新しい商業施設に立ち寄ったりしています。また、年に数回は宿泊の温泉旅行にも出かけています。

ENTRY

新卒採用情報・中途採用情報

ENTRY
あなたのエントリーをお待ちしています!