MEMBER 社員について

やりがい、誇り、努力を胸に、日々想いを込めてはたらく社員の声を紹介します。
建築部 石黒 万葉
想像以上に大変だけど、想像以上に楽しい、今、現場で働いている自分のことが好きです。
Q1.
建築・土木業を志願したきっかけは?

祖父が土木建設業を営んでおり、子供の頃、よく工事現場に連れていってもらいました。大きな建物が少しずつできあがっていく姿に魅力を感じ、そんな仕事をしている祖父に憧れていました。そんな影響もあって建築やデザインに関心をもつようになり、大学では建築を専攻しました。
就活はまず富山県内の建設業者を調べ、目に留まったのが当社でした。北陸電力グループとして幅広い仕事を手掛けていること、転勤がほとんどなく地元で働けること、建築士資格取得の援助があることなどに惹かれました。決め手になったのは当社の建築事例に、昔、体験学習で訪れた「小見地区コミュニティセンター」が出ていたことです。機能性とデザイン性が調和した美しい公民館で、大学のゼミの課題に使ったほどのお気に入り…。「私もこの会社に入ってかっこいい建物を建てる!」と、入社を決めました。

Q2.
現在の仕事内容とやりがいを教えてください。

建築現場の施工管理を担当しています。写真を撮って現場の状況を記録。測量や墨出しの手伝いもしています。入社当初は専門用語が理解できず、職人さんから「○○のこと、所長に聞いてきて」と言われ、自分の憶測で所長に質問。その答えが全くの見当外れで、職人さんにご迷惑をかけてしまったことがあります。以来、曖昧な返答はしない、必ず確認することを心掛けています。
最初の現場は工場の新築でしたが仕上がった建物を見ると、天井や床、窓それぞれに携わった職人さんの顔を思い出し「建物はたくさんの人がつくるもの。だから無機質な箱ではない」という感覚が芽生えました。今は毎日が勉強ですが、次の現場で同じ職人さんに会った時、少しでも成長したと思われることが新しいモチベーションになっています。

Q3.
学生へのメッセージ

この仕事を目指す方なら、そのやりがいを実感させてくれる職場環境が当社にはあると思うので、ぜひ一度、見学に来ていただきたいと思います。

当社は近年、私のような女性を含めて若い社員が増えているので活気のある職場だと思います。
土木建築の仕事は社員同士だけでなく、大勢の外注業者と一緒に進めていく仕事。
コミュニケーションをとるのが好きで、明るい人なら、きっとうまくやっていけると思いますよ!

休日の過ごし方 :
ドライブ

晴れた日はクルマに乗って遠出しています。金沢で大学時代の友達とランチをしたり、気になっている公共施設や美術館などの建築デザインを見学したりしています。この仕事に就いてから、クルマから眺める街の景色や建物の見方が変わりましたね。

ENTRY

新卒採用情報・中途採用情報

ENTRY
あなたのエントリーをお待ちしています!